Slackのリマインダー機能で、簡単にタスク管理しよう!

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

おすすめ
コンテンツ

リモートワークが増えている今、社内や社外の方とのコミュニケーションツールとしてチャットツールを導入されている企業も増えていきました。
LINE WORKS・Chatwork・WeChat・Slackと多くのツールが存在していますが、IT業界だとSlackを採用する企業が多くなっています。

今回は、Slackのリマインダー機能をご紹介します。

この記事をオススメしたい方

● Slackの採用を検討中の方
● Slackをすでに使っているが、もっと使いこなしたいと思っている方

Slackリマインダーの設定方法

リマインダー機能は、自分宛てだけでなくチームメンバーに向けても使用することができます。メッセージフィールドの左側にある稲妻アイコンをクリックし、ショートカットメニューを開きます。

「リマインダーを設定する」という項目があるので、クリックします。

「いつ」「時間」「説明」という項目があるので、必要な内容を設定します。

チャンネルで設定すれば、チャンネルにいる全員に通知が飛び、DMの場合は本人にだけ通知が来ます。

Slackbotからリマインダーを設定する

日時を指定する他に、毎週◯曜日・毎月◯日など細かく設定することも可能です。
「稲妻マーク」の検索画面から「/remind」と入力すると候補でリマインダーの項目が表示されます。

<毎月16日に勤怠の入力をさせたい>

/remind @channel “勤怠入力をおこなってください” every 16th 17:00

<30分後に電話を掛ける>

/remind me “◯◯さんに電話” in 30 min

<今日の10時に会議を行う>

/remind @channel “10時に会議を開始します” 10:00

設定したリマインダーを見直したいときは、メッセージフィールドに

/remind list

と入力すると、リマインダーのリストが表示されます。

Slackリマインダー、いかがでしたか?

Slackはシンプルなチャット機能だけでなく、都度送らなくてはならないメッセージを自動で送信してくれたり、通知を的確に行ってくれる機能が盛り込まれています。
機能を活用することで、定期的なイベントを忘れることなくリマインドし、抜け漏れを防ぐことができるので活用してみてください。

Good Thingsでは、Webサイト構築・リニューアルに関するご相談もお受けしております。

おすすめ
コンテンツ

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

この記事が気に入ったら
いいね お願いします

おすすめコンテンツ

Mail Magazine

ディレクターが知っておくべきマーケティング情報から技術情報まで発信中

登録フォーム

その他の記事

Good News

Good Works