除外設定はまだ?2023年7月でサービス移行。Google Analytics 4で IPアドレスを除外する方法

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

これまで、新規でWebサイトを構築する際に、サイトへの流入(アクセス)数やユーザーの行動を分析するツールとして導入してきたGoogle Analyticsですが、2023年7月に計測が終了することが発表されており、今後のサイト分析には新たなGoogle Analytics 4(GA4)を導入する必要があります。

GA4でも、自社やクライアントの社内のアクセス数まで反映されないよう、IPアドレスの除外設定を行わないと実数値を計測できません。

今回はより正確な数値を測定する為、GA4でのIPアドレス除外方法をご紹介します。

簡単な作業なので、導入の際には必ず除外設定をするようにしましょう。

この記事をオススメしたい方

● Google Analyticsを使用していて、Google Analytics 4へ切り替えたい方
● Google Analytics 4でより正確な流入数を計測したい方

IPアドレスの調べ方

まずは、除外設定をする際に必要なIPアドレスを調べます。

こちらの「CMAN」のサイトにいっていただくと、現在利用しているIPアドレスが表示されます。
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

こちらをひかえておいてください。
また、社外の人からのアクセスも除外したい場合は先程のURLを開いてもらい、IPアドレスを共有してもらいましょう。

IPアドレス除外設定手順

Google Analytics 4を開き、左下の管理をクリックすると下の画像の画面に切り替わるので、右側のデータストリームをクリックします。

右側のデータストリームをクリックします。

ウェブストリームの詳細が表示されるので、下部のタグ付けの詳細設定をクリックします。

「タグ付けの詳細設定」で、内部トラフィックの定義をクリックします。

「内部トラフィックの定義」で、「内部トラフィックルール」の作成をクリックします。

「内部トラフィックルールの作成」で、以下の手順で作成します。

  1. ルール名を入力。分かりやすいものにする。
  2. IPアドレスのマッチタイプをプルダウンで選択し、IPアドレスを入力する。
  3. 入力内容を保存する。

  ※「traffic_typeの値」は、デフォルトのままでOK。

「現在の状態」が「テスト」であることを確認し、フィルタを有効にします。

  1. 「データ設定」からデータフィルタをクリックする。
  2. 「フィルタを作成」をプルダウンし、フィルタを有効にするをクリックする。

「現在の状態」が有効であることを確認できれば、設定完了です。

フィルタ有効の直後は、除外されていませんでしたが、数時間後に再度アクセスしたところ、除外が有効になっていました。

これまでのGoogle AnalyticsではIPアドレス除外設定後の直後でもデータが反映されていましたが、GA4では異なるようです。

GA4でIPアドレス除外設定後、フィルタが有効になっているかどうかを確認する場合は、数時間経ってから行うようにしましょう。

Google Analytics 4のIPアドレス除外設定はいかがでしたか?

Good Thingsでは、ツールの設定によるデジタルマーケティングもサポートをさせて頂いております。

関連・おすすめ記事

おすすめ
コンテンツ

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

この記事が気に入ったら
いいね お願いします

Mail Magazine

ディレクターが知っておくべきマーケティング情報から技術情報まで発信中

登録フォーム

Note

Weekly Ranking

Good News

Good Works

ページTOP