話題のディープラーニング翻訳「DeepL」で契約書を翻訳してみました

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

おすすめ
コンテンツ

2020年3月頃からTwitterで話題になった機械翻訳サービス「DeepL(ディープエル)」。その実力はGoogle Translateよりも性能が高いと言われておりディープラーニング(深層学習)を利用した人工知能(AI)によって高い機械翻訳を実現しているようです。

Good Thingsでも実績の英訳に活用したり、海外の企業様とのやりとりに多く使用していますが、今回は海外の会社様との契約書のやりとりに使用したのでご紹介させていただきます。

この記事をオススメしたい方

● 海外企業とのやり取りが多いお仕事をされている方
● 海外の記事を読むことが多い方

有料版と無料版の違い

DeepLは無料版でもWebサイト内で使用することができ、またデスクトップでも動くアプリケーションも無料で提供されていますが、各有料プランも用意されています。(有料プランに関してはこちらから。5.99ドル/月〜)

有料プランでは

 データの気密性確保
 文字数制限なしの翻訳
 翻訳支援ツールとの連携が可能
 APIのアクセスが可能

となっています。例えばスマートフォン用のアプリケーションを開発する場合、APIでDeepLと接続すれば多言語対応ができたアプリケーションにすることが可能です。

DeepLの画面

対応言語は2020年6月時点では以下、12言語となっています。

日本語 英語 ドイツ語 フランス語 スペイン語 ポルトガル語 ポルトガル語(ブラジル) イタリア語 オランダ語 ポーランド語 ロシア語 中国語(簡体字)

実際に契約書を翻訳してみました

日本語の契約書をDeepLで翻訳すると以下のとおりになりました。

第2条(定義)
本契約中に用いられる以下の用語は、以下の意味を有するものとする。
(1)「知的財産権」とは、特許権、実用新案件、意匠権、商標権(これらを受ける権利を含む。)、著作権、ノウハウ、営業秘密、その他あらゆる知的財産権を意味する。
(2)「本件業務」とは、本契約に基づいて甲が乙に委託する業務(前条第3項)を意味し、具体的な業務の内容は個別契約で定められるものとする。

Article 2 (Definition)
The following terms, as used in this Agreement, shall have the following meanings
(1) The term “intellectual property rights” means patent rights, utility model rights, design rights, and trademark rights (including the right to receive them). The term “intellectual property rights” means all intellectual property rights, including copyrights, know-how, trade secrets, and any other intellectual property rights.
(2) The “Work” means the work entrusted to the Second Party by the First Party under this Agreement (paragraph 3 of the preceding article), and the specific details of the work shall be determined in individual contracts.

今回は契約書の一部を掲載しましたが実際には、全文をDeepLを使って翻訳し、海外企業の法務の方とやりとりをすることができました。一部言葉のニュアンスで議論した部分もありましたが、9割が問題なく翻訳できた実感があります。(もし完全な翻訳に自信がない方は以下の一文を付けてやり取りされるのが良いかと思います。)

(言語)
本契約は、日本語、英語で作成されこれら両言語版の間に矛盾抵触がある場合、日本語版が優先する。

 (Language)
This Agreement shall be prepared in Japanese and English. If there is a conflict between the two language versions, the Japanese version takes precedence.

契約書だけでなく、話し言葉に近いものも翻訳してみましたが多少英語が理解できる方であれば、

 翻訳前に日本語を主語がわかりやすくなるように整形する
 文章を細切れに短くする

この一手間でよりわかりやすい翻訳になります!また不安な場合は英訳したものを逆に日本語訳に戻してみて意味を確認してみるのも良いように感じました。

こちらのページにはその他の翻訳ツール(Google、Amazon、Microsoft)との比較も掲載されています。

翻訳ツールDeepL、いかがでしたか?

言葉の壁さえクリアできれば、ビジネスもさらに広がる可能性があります。より良いツールを使いこなして速く展開することで、結果につなげて行きたいですね。

Good Thingsでは、ツールの選定や使用方法にまつわるお困りごとをサポートをさせて頂いております。

おすすめ
コンテンツ

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

この記事が気に入ったら
いいね お願いします

おすすめコンテンツ

Mail Magazine

Good Things メールマガジン登録フォーム

その他の記事

Good News

Good Works

Now Crowdfunding...!