Instagram Repost投稿の方法 – コミュニケーションを深めてアカウントを育てる

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

おすすめ
コンテンツ

今回はInstagramのRepost(リポスト)の方法をご紹介します。
Instagramのアカウントを運用していると、他のユーザーが商品を紹介してくれたりすることがあります。
その投稿をRepostすることで、投稿してくれたユーザーとエンゲージメントが生まれ相互アカウントにメリットが生まれます。

この記事をオススメしたい方

● まだ本格的にSNSアカウントの運用ができていない方

● SNSで投稿はできているが、他のユーザーとコミュニケーションができていない方

● SNSのアカウント運用は行っているが、フォロワー数が伸びずに悩んでいる方

Repost用アプリをダウンロード

Repostのアプリはたくさん出ていますが、今回はこちらのアプリでRepostします。

IG_goodthings_1

まずはアプリをスマートフォンにダウンロードします。

Repostしたい投稿のURLをコピー

IG_goodthings_2

Repostしたい投稿の右上に●が3つつながったメニューがあるのでタップします。

IG_goodthings_3

「リンクをコピー」をタップします。(この時にInstagramがRepostしようとしているアカウントになっているかを確認してください。)
先程ダウンロードしたRepostアプリを開くと

IG_goodthings_4

投稿がコピーできているので、Repostの表示位置や色を選択し、真ん中の「Repost」ボタンをクリックします。

IG_goodthings_5

キャプション(Repostしようとしているユーザーの投稿したテキスト内容)がコピーされたことが表示されます。「とった」をタップすると下記の画面が表示されます。

IG_goodthings_6

「開く」をタップします。

Repostする内容を編集する

自動的にRepostマークが付いた画像がInstagramのアプリ内で表示されるので、ストーリーズとフィードのどちらに投稿するか選択します。

IG_goodthings_7

フィード投稿する場合は、キャプションの編集箇所で長押ししてペーストすると、Repost前のユーザーが投稿してくれた内容が表示されます。

IG_goodthings_8

ペーストすると、Repost前のユーザーアカウントのメンションもつくので、そのまま投稿するとそのユーザーにも「アクティビティ」で連絡が行きます。

「自分が投稿してくれた内容がRepostされた!」と気づいてもらえるのでSNS上のコミュニケーションとしては良質なものになります。

IG Repost方法いかがでしたか?

良質なコミュニケーションを築いていくことで、良質なユーザーとつながり、よりエンゲージメントを高めることができます。

Good Thingsでは、デジタルマーケティングにまつわるお困りごとをサポートをさせて頂いております。

おすすめ
コンテンツ

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

この記事が気に入ったら
いいね お願いします

おすすめコンテンツ

Mail Magazine

Good Things メールマガジン登録フォーム

その他の記事

Good News

Good Works

Now Crowdfunding...!