WordPressエディター ElementorとGutenbergを比較してみました

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Elementor

2018年12月のメジャーアップデートでWordPress5.0がリリースされ、新エディタGutenbergが登場しました。
GutenbergとElementorの比較についてご質問を頂いたので詳しく記事にしてみたいと思います。

この記事をオススメしたい方

● WordPressを使ってWebサイトを運用されている方
● ページビルダーの採用を比較検討されている方

新しいエディタGutenberugとは

従来のエディタに比べ、Gutenbergはブロックの組み合わせで記事を作成するエディタです。ぞれぞれのブロックに見出しや段落、画像などを入力して、記事全体を作り上げることが可能です。高度なコーディングの技術がない方でも記事を書きやすくなっています。

ページビルダーElementorとは

WordPressのプラグインで、ドラッグ&ドロップでページを作成できるツールです。テンプレートも豊富に用意されており、簡単にプロのようなサイトを作り上げることが可能です。テーマにも依存せず使えますがHello Elementor!を使うのがオススメです。
Elementor プラグインダウンロードページ

Gutenberg vs Elementor

GutenbergとElementorのパフォーマンスを比較している英語版のページがあったのでここでは、その内容を日本語訳にしてご紹介します。ページではなるべく公平であるようにテストを行っています。

<試験方法>
テストを公正にするため、Gutenberg・Elementorともにテストサイトでは同じテーマ、同じプラグインと環境を同じ状況にして行われました。また、すべてのキャッシュも無効にされ、投稿・製品情報・画像なども同じ内容でのテストを実施されています。
WordPress 5.2.3
Elementor 2.7.3
Elementor Pro 2.7.0
WooCommerce 3.7.0 など

テスト結果

記事内では、「簡易ページ(シンプルなテキストメインのページ)」・「ランディングページ(画像を使ったリッチなページ)」・「WooCommerceショップページ」・「WooCommerceブロックページ」での4種類のページでテストが行われ、その集計結果が以下になっています。

<ロード時間>
・Gutenberg 1.55s
・Elementor 2.2s

<トータルページサイズ>
・Gutenberg 204.5 KB
・Elementor 320 KB

確かにElementorで作成されたページはページのサイズが大きくなり、伴ってロード時間もかかってしまっています。

Elementorが優れているポイント

テスト結果だけを見るとGutenbergの方が優位に見えるかもしれません。しかしElementorを使ってこれまでもたくさんのページを作ってきた私達はElementorの方が優れたエディタだと感じています。

そのポイントは

✓ デザイン性の高さ
✓ テンプレートの豊富さ
✓ アイコンや画像の素材の豊富さ
✓ 操作性のしやすさ

が上げられます。提供されているものが多く、細かいデザインの設定ができるためこだわったページづくりが行えるのがElementorの最大の特徴です。

Gutenberg vs Elementor、いかがでしたか?

各ツールにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。特徴を理解し、また組織やチームメンバーにフィットしたやり方が何かを検討しながら選択するのが良いかと思います。

Good Thingsではツールの選定や導入のお手伝いもしています。

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
  • 3F 2-6-1, Otemachi,Chiyoda-ku, Tokyo 100-0004
  • +81 3-4405-2424

Service

DtoCサービス Seven dot Webサイト - Good Things

ライフスタイルEC/ DtoCサービス