UGCを活かしたキャンペーン設計 映画「写真甲子園 0.5秒の夏」

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

UGCとはインターネット上でユーザーが生成し投稿したコンテンツ「User Generated Contents」の略称で、SNSやクチコミサイトに投稿されたものが該当します。

企業のプロモーションにおいて、UGCを活用する理由は、企業が自社の商品を自画自賛するだけではユーザーが自身の生活と切り離して考えてしまうことを回避することです。

映画「写真甲子園 0.5秒の夏」では、VOD配信サービスで映画を視聴してもらいTwitterを使って感想を投稿し、オフィシャルアカウントから素敵な投稿にコメントを入れてWebサイトへの掲載の許可をとりました。

オフィシャルアカウントを通して、参加するユーザーとコミュニケーションを取ることで

・より身近に感じてもらいたい
・Webサイトにユーザーの投稿が掲載されることで、ブランドとさらに新しいつながりができたと感じてもらいたい

という意図で施策を考えました。
SNSとWebサイトをシームレスにつなぎ、ユーザーが回遊し、ブランドとアーンドメディアであるユーザーの投稿に触れていただくことで、より深いコミュニケーションになることをプランニングしました。

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
  • 3F 2-6-1, Otemachi,Chiyoda-ku, Tokyo 100-0004
  • +81 3-4405-2424

Service

DtoCサービス Seven dot Webサイト - Good Things

ライフスタイルEC/ DtoCサービス